自治体・警察との協定

「長野県警察」×「コンパス登山計画」の取り組みについて

公益社団法人日本山岳ガイド協会と長野県は、2016年5月31日、安全登山の啓発活動及び山岳遭難の対応を迅速に行うこと目的として、長野県知事と日本山岳ガイド協会理事長が署名を行い、コンパス活用協定を締結しました。 本協定は、長野県がコンパス登山届システムにアクセスし、登録されている登山情報を閲覧し、救助や捜索に活用できることを定めています。


今回の協定は、2016年7月1日より長野県で施行される「長野県登山安全条例」に基づくものです。この条例により長野県下で登山する登山者は、登山計画の提出が義務付けられ、その提出方法としてコンパス登山届の利用が推奨されています。 コンパス開設当初に協定を締結した長野県警察と合わせ、コンパス登山届のシステムが行政と警察の両輪により、山岳の安全対策がより強化されたことになります。
長野県下を登山される皆さまは、登山計画の作成を怠らず、ご自身の安全のためにも提出を忘れないでください。


「長野県」×「コンパス」の取り組みについて

長野県の登山安全条例
長野県 登山安全条例

北海道

東北

関東

中部

近畿

  • 滋賀県東近江市

中国

四国

九州・沖縄