山と自然ネットワークコンパス
「中央分水嶺・高島トレイル」は、日本列島を日本海側と太平洋側に区切る中央分水嶺の滋賀県側に位置する合計80kmにも及ぶロングトレイルです。 マキノの愛発越(あらちごえ)から朽木(くつき)の桑原(くわはら)を縦断する道程では、東西南北に入り混じった気候の中で、様々な動植物を目にすることができる学術的にも大変貴重な場所であると同時に、 乗鞍岳、三国岳、赤坂岳、大谷山、大御影山、三重嶽、武奈ヶ岳、二の谷山、行者山駒ヶ岳、百合ヶ岳、三国峠、三国岳といった山々が連なるダイナミックなトレイルでもあります。 日本における自然環境保護の頂点とも言うべき琵琶湖水源の森から中央分水嶺に立ち、滋賀県の名山を登りながらトレイルの歩醍醐味や楽しさを味わうことは、とても意義深い体験になることでしょう。

山や自然の中での行動は自己責任です。情報を利用する際は参考にとどめ、実際の現地の状況等を考慮し、ご自身の判断で行動してください。

トレイルトップに戻る